むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

我が家の子供は「朝まで寝る派」と「定間隔で起きる派」。寝る子、寝ない子、やっぱり子によって違うね。

   

子育て歴が満3年になろうとしている新米父ですが、

子供によって睡眠時間の間隔って結構違うんだなと感じているところです。

子どもたちの睡眠サイクルが同じであれば楽ですが、我が家はバラバラです。

やっぱり個性って不思議ですね〜。

「朝まで寝る派」と「定間隔で起きる派」

我が長男、長女は睡眠サイクルがバラバラですが、それぞれに特徴があります。

性格も違えば、睡眠サイクルも違います。

<長男の場合>

22時就寝 ⇨ 夜中3時起きて寝る ⇨ 朝5時半起きて寝る ⇨ 7時目覚めてミルク

<長女の場合>

22時就寝 ⇨ 朝7時目覚めてミルク

長女は寝たらスカーっと寝て朝まで起きませんが、

お腹が空く極限まで寝ているので、目覚た瞬間ギャン泣きでした。

それを引きずっているのか、3歳になる今も目覚めは「ひと泣き」から始まります。

そんな我が子の睡眠サイクルと、関係しているであろう特徴を記載していこうと思います。

「朝まで寝る派」の特徴:我が長女

◆100%ミルク派

嫁さんの母乳の出が悪かったということもあり、100%ミルクで育ちました。

ミルクは母乳と比べて消化が遅いので腹持ちが良いそうです(嫁談)

◆ミルクは200mLを一気飲み

生後間もないころから、ミルクは一気飲みしてスカーッと寝てました。

飲む量が増えるペースも早かったと記憶してます(2年前のことなのでウル覚えですが。。)

ただ、あまりに一気飲みするので、生後数ヶ月は吐き戻しも多かったです。

そして半年〜1年ぐらい経つ前頃には、満腹中枢が出来てきたのか、

150mLぐらいにミルクの量は落ち着いていました。

◆寝ている時はどんな音にも動じない

起きている時は結構ビビりで、物音や虫の羽音でよく泣いていますが、

一旦寝ると大概の事では起きません。

◆指しゃぶりが多い

長女は昔から寝る前は指しゃぶりがないと寝れません。

今でも癖になっているわけですが、眠たい時は指しゃぶりしています。

「定間隔で起きる派」の特徴:我が長男

◆母乳とミルクのハイブリット派

嫁さんが母乳でも育ててみたいということで頑張りました。

でも、母乳で足りない分はミルクで補っているので、長男はハイブリットタイプです!

◆ミルクは100mL弱と控えめ

1回のミルクの量は100mL飲んだら、今日はよく飲んだねーって感じです。

また、飲む速さもゆっくりで15分位かかります。

生後3,4ヶ月では30分〜1時間ぐらいかかっていました。

◆くしゃみや物の落下音で起きる

話し声では起きませんが、くしゃみや落下音などでは起きます。

これは大人でも起きるので一般的なのではないかと思います。

長女がちょっと凄すぎるのかもしれません。

◆指しゃぶりはあまりしない

長男は指しゃぶりしないことはないですが、あまりしないです。

たまにコブシ食べていますが。。

もともと超穏やかな性格なので、おしゃぶりしなくても平常心なのでしょうか。

気づいたらスッと寝ています。

まとめ

睡眠サイクルの違いに関係するかは正直わかりませんが、我が子のそれぞれの特徴をまとめてみました。

似ている人もいれば、サイクルは一緒だけど全然違うっていう人も居られると思います。

はたまた全く違う人も当然いると思います。

こういうのは、「我が家も一緒」とか「我が家はこんな感じで違う」とか、

子供のことを他の人と共有することが、楽しい育児につながるのだと思います。

ということで、大変には変わりありませんが、夫婦協力して子育て頑張っていきましょう。

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の子育て , ,