むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

ご飯の時間は【子供のお話し会】にしたらとっても良い時間になります!テレビは消してラジオをつける。

   

我が子ももうすぐ3歳です。

なんか3年経ったという実感は全然ありませんが、子供は想像以上に人間になっています。

ちょっと前までは、得体の知れない怪獣だったのに。。。

時が経つのは早いです^^

3歳も近づき子供との会話を楽しむため、魂を奪われるテレビは消して、

お話し会の時間を作ったよという記事を書きました。

子供のお話し会は良い時間になりますのでオススメです!

テレビに魂を抜かれるのは要注意

ご飯の時間ってテレビを見ながら食べる家庭も多いんじゃないかなと思います。

私、嫁の実家もテレビつけながら食べています。

でもテレビってホントに魂が抜かれるっていうか、他の声が入ってこないし、

あっという間に時間が経ってしまいますよね。

子供の声が全く聞こえていなかった。

この記事を書くきっかけになった事件が、録画していたドラマに夢中になりすぎて

子供がせっかくお話してくれていたのに、全く気づかなかった自分がいたことです。

そして、子供も全く気づかない私に愛想を尽かしスネてしまいました。

ご飯の時間はテレビを消してラジオに!

まぁそんなこともあり、ご飯の時間ぐらいはテレビを消して、ラジオにしました。

ラジオにして気づいたのは、案外テレビって必要ないなと。

見たら見るんでしょうけど、見なければそれはそれでいけるもんだなと。

テレビも一種の癖なんでしょうね。

ご飯の時間は子供の話を聞ける良い時間!

ラジオはBGMですから、子供の話を聞き逃すことはありません。

そして何よりご飯の時間は子供の話が聞ける、ホントに良い時間です。

いただきますを合図に「子供のお話し会」の始まりです!

子供のお話し会は独特の世界観!

子供の世界観って独特です。

我が子は、絵本の読み聞かせをしてくれるように、その日の出来事をお話してくれます。

そして、その日の出来事を話し終えたら「おしまい」と締めくくってくれます。

もう一回お話して〜と頼むと、

嬉しそうに「もうしょうがないな〜」と言って、また読み聞かせてくれます笑

この自分の話を絵本のように話してくれるって、私の中では結構面白い行動だな思ったりします。

子供が発する日本語が面白い!

お話してくれる中で、子供独自の言葉が面白くて好きです。

我が子はこんな言葉を使います。

◎あーぶーぶ : 大丈夫
◎もう せわしないな〜 : もう しょうがないな〜
◎せんくーぴー : 扇風機
◎なんか変な顔してる : ①怒ってるの?②靴下や靴の向きが違う③左右逆になってる

ネイティブになるまで、なかなか苦労します笑

ある種のクイズみたいで、面白いですが!

また、最後の「変な顔してる」の意味合いは違う場面での応用があり、でも気づけばなるほど〜でした。

まとめ

子供との時間というものは有限です。

子供が子供の内だからこそ発見できること、

子供時代の思い出が、将来の子供との良好な関係を築ける糧となることがあると思います。

ご飯時の「子供のお話し会」は、子供とのコミュニケーションの構築としては良い時間になると思いますのでオススメです。

まぁ人生何が起こるかわかりませんが、今の子供との時間を楽しみたいと思います。

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の子育て