むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

ガス併用からオール電化計画は一旦見送り。オール電化にはするだろうけど今じゃない。

      2018/06/25

我が家は中古住宅なのですが、ガスと電気を併用している家になります。

プロパンガスは基本料金が高いという理由でオール電化を検討していたのですが、

オール電化にもそれなりのデメリットも有り、そのデメリットが小さくなる時期までひとまず持ち越しすることにしました。

そんな経緯を記事にします。

オール電化は日中の電気代が高いのがネック

我が家がガス併用からオール電化にするメリットは、下記2点。

・ガスの基本料金がなくなる
・電気代の安い時間帯にお湯を沸かし、お風呂の光熱費を抑える

その反面、大きなデメリットとしては

・オール電化家庭用の電気プランは日中の10〜17時の電気代が高い

下の子がまだ生後間もなく、日中家にいることも考えると、

せっかく節約するためにオール電化にしたのに、電気代が気になってストレス溜まりそうです。

日中の電気代が上がるのがオール電化計画としてはネックとなりました。

オール電化は下の子が幼稚園に入ってから!

オール電化のメリットを最大限に享受するには、日中は家にいないことです。

そのため下の子が幼稚園に入るまでオール電化計画を持ち越しすることにしました。

1日中家にいることを考えれば、節約に繋がります。

IHはどこへ行ってもパナソニックを激ススメ!

これは、電気量販店の方に聞いたのですが、

IHクッキングヒーターが普及してきて、電気調理器がようやくガス火とほぼ同等になったようです(2018年6月執筆時点)。

何が同等かというと、魚焼きグリルです。

IHで魚を焼くとベチャついてしまい、結局ガスに戻る方も多かったようなのですが、

パナソニックのダブル包み焼きという、IHと遠赤を併用した機能によって、ガス火のようにパリッと魚が焼けるようになったそうです。

IHはパナソニックを導入せざるを得ない(笑)

一人だけでなく、どの量販店に行ってもIHは皆口をそろえて

「IHだけは少々値が張ってもパナソニック購入をオススメします」とのことでした。

メーカー別で焼いた魚を食べ比べる研修があるみたいなのですが、IHだけ別格に違うと熱弁されていました。

エコキュートは大差ないというので、IHでそれだけ押されるとパナソニック買わざる得ないです笑

オール電化導入費を50万円以下に抑えたい

オール電化導入は持ち越しになりましたが、導入費用については基準を持っておきたいところです。

我が家の基準は、IHクッキングヒーターとエコキュート導入は工事費込みで50万円以下です。

機器償却10年で今のガス代以下が目標

6月の我が家のガス代は5千円ぐらいでした。

そのため、今までガスから電気に置き換わる光熱費を考慮して、

導入費が今かかっているガス代以下になることが目標です。

現状ガス代:5000円/月(6月)
オール電化導入費:50万円
償却費:50万円/10年 = 約4200円/月
ガス⇔電気に変わる光熱費:★要調査!

肝心なガスが電気に置き換わる光熱費は分からないので詳しく調査したいと思います。

メーカーや電気会社が提示している消費電力は、実態とは異なると思うので・・・

今の最新を3年後に安く手に入れる

オール電化を最大限に活かすために、導入を3年後に持ち越したのは、

皆がオススメするパナソニックの今の最新機種を安く手に入れるためでもあります。

こういった電化製品は型落ちで大分値が下がりますので、

ガス火に近づいた今の最新機種も3年後には安く手に入ると思います。

そうすることで、導入コスト削減を狙います。

ちなみに今IHのみ最新機種での見積もりで、

工事費込み54万円ですので、3年後には50万円以下にできることを期待します。

まとめ

オール電化を経験したことがないので、老後の家造りのためにも導入することは間違いないと思います。

ただし、どうせ導入するなら売りたい側の情報に踊らされず、

実態に近い状態をシュミュレーション出来るように情報収集していきたいと思います。

オール電化導入楽しみです!

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家は中古住宅 , ,