むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

こんな株を狙って行きたいと思います。投資初心者が考えた株式投資戦略!

      2018/05/04

株式投資デビューしたわけですが、正直投資先をどれにしたら良いか見当つきません。

でもビギナーズラックで短期間に12万円もの利益が出てしまい、困惑してはいるんですが、

チャートに共通点があったので、チャート分析に絞って、安定的に利益を出すための戦略を初心者なりに立ててみました。

私の戦略は3つのチャート特性で狙う。

株式は時間が決まっており、作戦を立てる時間はあるので、情報収集は出来ますが、

結局プロの方には情報収集の面で勝てません

そのため、サラリーマンが投資家として生き残っていく手段としてチャート分析が良いと考えました。

片っ端からチャートを見て、3つの特性が有り、考え方としては有効かなと感じたのでそれを元に検証していこうと思います。

①長期間、底値が固定の銘柄を狙う

まず一つ目は、底値が長年変わっておらず、株価がある程度定期的に動いている銘柄で、

底値付近で買って、適度なところで売るという考えです。

長期間のスパンは長ければ長いだけ、安定感があって数値として信頼があるかなと思います。

そして、値幅を繰り返し利益として取っていく形になります。

典型的な「安い時に買って、高い時に売る」を実行しやすい銘柄と言えるでしょう。

②急伸している銘柄の一旦値が落ちたところを買う

基本的に底値がある程度固定されている銘柄を狙いますが、

その中で急伸した銘柄が投資家の利益確定によって値が落ちたところを買う考えです。

急伸というのがミソ

値が急激に上がったら、つられて買いたくなります・・・が、

自分が安値で株を持っている側で考えると、

高値で買ってくれる人がいれば一気に売って、値が落ちたら買い戻して、ある程度上がったところで再度売りに行く作業をすると思います。

急伸した後のジリジリ上げで利益を狙う

全部ではないですが、急激に上がった後、大きく下げて、また価格がジリジリ上がって、下がるという動きをしています。

3回ぐらい繰り返している銘柄も有りますが、たいがい2回ぐらいで値動きが落ち着いているか、値が元に戻っているので、

大きな買口がそういった感じで売り買いしているんだなと考えました。

なので、急伸した銘柄の2回目ジリジリ上げの時に利益を狙っていこうという考えです。

③注目ワードの出遅れている銘柄を狙う

私はSBI証券で口座を開いているんですが、投資口座トップに注目ワードというものが出てきます。

そのワードに関連する銘柄の中で、まだ上がっていない、もしくは上がり幅が少ない銘柄を保有することで、つられて上がっていくのではという考えです。

関連する主要銘柄が上がってくれば、関連銘柄全体が注目を浴びたら・・・上がるはず。

本命と言われる銘柄は、機関投資家および個人投資家からも注目され、上がりやすい要因を持っています。

その銘柄が上がり始めれば、関連する銘柄を後追いで個人投資家達が買いに走ると思います。

関連銘柄は時間差は有りますが、チャートの動きは似ているので、

本命銘柄の動きから出遅れている株を見つければ利益をとっていけると考えています。

まとめ

初心者の考えをつらつら書いたわけですが、安定的に利益を取っていくためには、大口の買い手に付いて行くのが良いのではとチャートを見ながら感じました。

まだ、研究段階なので、これに実体験の肉付けをしていき、精度をあげられるように研究していきたいと思います。

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の資産運用 , ,