むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

サラリーマン株式投資はチャート分析が重要だと思う。ビギナーズラックから学んだ株式投資初心者の考え方。

   

色んな株式のブログを拝見させてもらい、やっぱり株式は情報が命なんだなと。

株式は時間が決まっており、作戦を立てる時間はあるので、情報収集は出来ますが、

結局プロの方には情報収集の面で勝てません。

でも、チャートに前兆が有り、それを捉えれば上手く利益を出せるんだとビギーナーズラックを通して発見しました。

3銘柄中2銘柄が連日急伸のビギナーズラック。

とりあえず、どの銘柄を買って良いのか見当もつかないので、10万円以下で買える銘柄を適当に絞ってみました。

まぁ、それでも銘柄数的には結構あったんですが、片っ端から見ていたら、なんとなくチャートが気になって形に分類があるなと気づいたわけです。

その中で、長期間株価変動がない銘柄でしたが、たまに価格が上がっている様子がありました。

大きく動く直前にピクリと動く

私がビギナーズラックに当たったのは、ジェイテックという派遣業、MRTというお医者さん向けの派遣業の会社です。

正直買った理由は、ほとんど変動がないから、ある程度安くなったら買って、ある程度利益が乗ったら売ろうという単純な思考です。

ただ、その後急伸し短期間で12万円も利益が出てしまいました。

株価が急伸した理由は、株式を売った後に知りましたので、完全にビギナーズラックです。

でも、チャートを見ていると大きく上る前にピクリと割りかし大きくピクリと動いていました

チャートから機関投資家の動きを察知する

この株価が大きく動く前の、ピクリと動くのは、誰よりも早く情報を手に入れた人達が買っている情報になるのではないかと感じました。

そのため、私達のようなサラリーマンはでチャート分析を極めることで、投資で安定的に利益を出していける可能性があると思います。

ビギナーズラックを通してチャート分析を進めて、

どういった形に情報が隠れているのか、どんな形の銘柄が利益を出しやすいのかを研究していきたいと思います。

やっぱり自分で研究してみることが理解しやすい

色んなブログで、株式の情報を収集させてもらいましたが、人それぞれのノウハウが有り、その数は人の数だけあるなと感じました。

手法の分類はあるでしょうけど、細かいところは人それぞれ違います。

なので、私は自分で研究してみて、自分の取引き手法と似ている先輩の情報を参考にさせていただこうと思っています。

まずは自分がどういう銘柄を選んで、チャートがどういう動きをするのか研究していきます。

やっぱり、考えの成り立ちを自分で研究して組み立てるのが、1番納得できますから。

まとめ

株式投資をする上で、情報が全てだと思います。

その中で、機関投資家の方々の動きを察知するために、チャート分析をすることが、重要だと初心者なりに考えています。

適当にやってもビギナーズラックのように瞬間的な利益は出せますが、目標は安定的に利益を出し続けることですので、

サラリーマンとして投資の世界で戦うためにチャートという情報を研究していこうと思います。

初心者は初心者の強みが有りますので、頑張っていきます!

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の資産運用 ,