むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

おまるに乗せてたらうんちできたよ!オムツ卒業の兆しが見えた瞬間でした!

   

去年の春頃から上の子のトイレトレーニングを始めたのですが、トイレトレーニングって想像以上に大変です。

トイレに行くってどうやって教えたら良いのでしょう。

自分がトイレに行きたいと思ったら、トイレに行く感覚をどう伝えたら良いのか色々考えました。

だけど結局は考えながら全てやるべし!ということで悪戦苦闘しながら頑張っております。

トイレでうんちをするイメージを付ける

まずはイメトレです。

我が家は、しまじろうのサンプルDVDでうんちをする動画があったので、まず、それを見せました。

そして、人形を使ってトイレごっこをしてイメージを植え付けさせました。

そうしていくうちに、だんまりだったのが、事後にはなりますが、「うんち出た、トイレ行く」と教えてくれるようになりました。

一歩前進です!

トイレ行ってくると声をかける

自分がトイレに行きたくなったら、「うんちするからトイレ行ってくるね」と子供に声をかけるようにしました。

たまに、トイレについてきて、トイレでするもんだと教えようとしました。

これが効果あったかは正直微妙ですが、トイレに行ってくるということを言い続けてみました。

とりあえず食後にトイレに連れて行く

だいたい、我が子のうんちの出るタイミングは食後の30分以内ぐらいなので、とりあえず食後はトイレに連れて行く事にしました。

始めてから2回目にして奇跡のトイレうんちデビューができて喜んでいたのですが、それから一度も出来ず、早くも1年が経ってしまいました。

まず、なかなかトイレに行きたがらない。。。

導入の時点からつまずきました。

それからトイレにアンパンマングッズを置いたり、シールを貼れるようにしたりしましたが、トイレに集中できず失敗。

頑張って3ヶ月ほど続けましたが、出ず。

心が折れました。。。

そして奇跡のうんちから1年という月日が流れ今に至るわけです。

オマルを導入

軽にどこでもまたがれるオマルを導入しました。

オマルであればリビングでテレビ見ながらでも出来ると考えました。

食後にとりあえずすっぽんぽんにしてまたがせていると、2度めの奇跡のうんちに成功

褒めまくって、写真も撮りました笑

はたから見たら汚いのですが、私の宝物です。

たまにその写真を子供に見せながら、「またやって見せてね」とモチベーションアップを図っています。

すっぽんぽんにしている分、おもらしも何回かありましたが、トイレに行きたがらないことの条件はクリアしたので、後は続けるのみかなと思っています。

親の続けられることが大切

親も続ける努力が必要で、トイレに行きたがらない敷居を超えただけでも大分やりやすいです。

そして、トイレが出来る喜びも感じてくれたので、オマル作戦で頑張りたいと思います!

3歳ぐらいには出来るようになってくれると、パパママも楽になるんだけどな〜。

まとめ

育児をしている中で、いかに子供に伝えられるか、イメージをつけさせるか考えさせられます。

言葉も完璧ではない子供に躾するのは難しいです。

でも、考えながらやっていくことで前進している実感が湧いた時に非常に楽しいなと感じます。

子供にいかに楽しませながら、体感させて伝えていこうか試行錯誤していこうと思います。

ちゃんとトイレに一人で行けるように子どもと一緒に頑張ります!

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の子育て ,