むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

食洗機は夫婦の救世主!ズボラ旦那でも食器洗えます。

      2018/03/13

ずっと欲しかった食洗機ですが、ようやく手に入れることができました。

私が買った中古住宅にビルトインの食洗機がついており、早速使ってみて、早くもその便利さに魅了されております。

食洗機は「光熱費節約」なんていう効果どころじゃありません

食洗機は夫婦仲の救世主です!

食洗機が与える3つの幸福

食後はどうしても、お尻が重くなり、さらに嫌いな食器洗いなんてなると動けません。

洗濯は私、食器洗いはあなた・・・なんていう当番制はすぐに崩壊するものです。

それを決めたことによって日々のストレスのなすりつけ合いが始まりました。

しかし、食洗機の登場によって、ネックであった食器洗いがなくなり、夫婦円満が訪れます!

食器洗いのストレス開放

食器洗いは全て、食洗機がやってくれますので、ストレスから開放されます。

使う前は、食器をセットしないといけないし、予洗いもするなら手で洗ったほうが早くないか?と思っておりました。

しかし、ちょっとした工夫で、そんな屁理屈が払拭されました。

食事が終わったら、即セット

食事が終わったら食器を流し台に持って行きますよね。

そのタイミングで流し台ではなく、食洗機にそのままセットしてしまいます。

!?あとは洗剤入れてスタートボタンを押すだけですね!

なんということでしょう、ズボラな私でも食器を洗えるようになりました。

ちなみに、ドリアなどのひどいこびり付きは、流しで一晩水につけておき、次の日の洗うタイミングで一緒にセットすれば問題無いです。

時間の節約

食器洗いがなくなれば、その分の時間は節約になりますが、実はそれだけではありません。

最後の人を待つ必要が無い(主に旦那・・)

仕事で遅くなった主人の食事が最後になることは多いと思います。

ついでに食器も洗っといてとなることもありました。

それを奥さんがやっていたら、そのストレスも相当かと。

しかし、上記にあるように、食器は食事が終わったら即食洗機にセットしておけば、一番遅い人が最後に洗剤入れて食洗機をスタートさせるだけです。

待つ必要がなく、改めて流し台に立つ必要もない。

無駄な時間もストレスも解消されますね!

夫婦円満の救世主

毎日やらなくてはいけない食器洗いがなくなるだけで、大きなストレス開放につながります。

「最後だから皆の食器洗っておいてね」だと非常にストレスだけど、

「最後に食洗機回していておいてね」であれば、全然オッケーですね!

食洗機は洗いが均一なので、「適当に洗わないでよ」なんてめんどくさい指摘を受けずに済みますし。

嫁さん自身も、適当に洗われるストレスからも開放されます笑

毎日のことだからこそ、負の積み重ねがなくなり、夫婦円満に大真面目に繋がると思います。

光熱費節約はおまけです。

よく光熱費が安くなるから、直ぐに元が取れるよなんて営業していますが、光熱費が安くなるのはおまけで考えればいいと思います。

日々のストレスから開放されることが何よりの報酬です。

私は実際に使ってみて、光熱費を意識したことはなく、何よりも食器洗いのストレスから開放されたことに感謝です。

まとめ

食洗機を実際に使用してみて、食洗機は光熱費や時間の節約以上のものをもたらしてくれました。

新たに導入するには10〜15万円程度かかりますが、値段以上の働きをしてくれると私は思います。

食洗機はメンテナンスしながら、ずっと愛用していこうと思います。

この情報が参考になれば幸いです。それでわ〜

 - 我が家の節約 , ,