むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

家の予算基準は自分たちの賃貸生活から見れば簡単に分かります!

   

家の予算を組む際に、何を基準に考えますか。

予算の基準がしっかりしていると、住宅ローンの増減に対して、どんな生活の変化が発生するのか考えやすいです。

例えば、住宅ローンが増えることで、毎月できていた貯金ができなくなるな、お小遣いが5千円減るな。

はたまた、貯金が1万円多く出来そうだ、お小遣いが5千円増えそうだ等、身近なところで実感しやすいですね。

それに適しているのが、賃貸生活との比較です。

よく住宅メーカーから、「今お住まいの賃料で家が建てれます」なんて決まり文句があるように、身近に感じやすいのです。

でも実際は賃料と同じでローンを設定すると、負担は大きくなるので気をつけてください。

ということで予算の基準を作っていきましょう。

今の賃料で貯金はどのくらい?

まずは今の生活をざっくり確認してみましょう。

私の場合ですと、

賃料 月6万円
貯金 月2万円(ボーナス含まず)
車所有なし

もうすでにざっくり出てきましたね。

賃貸生活は予算を組む指標として最適です。

では賃料をそのまま返済額として換算できるのか考えてみましょう。

嫁の給料は全て貯金したい

私達は、嫁さんの子育てで働けない時期でも夫の収入のみで成り立ち一定額を貯金出来るローンを組みたい考えです。

そうすることで、逆に私がフルで働くのが難しくなったとしても、ある程度はカバーできる予算となります。

そして、嫁さんが働き出した時に、その給料は貯金に回せるお金となり、生活に余裕が生まれます。

教育費に回したり、家族との海外旅行、いざというときのまとまったお金等、自由度が増します。

ボーナスに頼ると大惨事が起こるかも

ボーナスに頼ってしまうと、出なかった際の支払い負担が変化してしまいます。

ボーナスも出ない、ローンの負担も大きくなる、計画していた旅行の予算が減る。。。大惨事です。

ですので、こちらもか先ほどの「嫁の給料は全て貯金したい」と同じで、自由に使えるお金として配分します。

車は欲しい

家を建てる場所にもよりますが、私は車なし生活を送ってみて、やはり車は欲しいなと考えました。

維持費等を考慮すると最低でも月2万円は余計にかかってきます。

車って本当にお金がかかりますね。

車持つ税金等を所有地域によって増減させてくれてもいい気はしますね。余談です。

我が家の予算基準は

賃料 月6万円
貯金 月2万円(ボーナス含まず)
車所有なし

ですので、現在の生活を維持しようとすると、車の維持費を考慮してローンに充てられるのは月4万円となります。

ということで35年ローンで換算すると、

4万円x12カ月x35年=1680万円

我が家では1680万円が基準となります。

この額のローンであれば、今と変わらない生活で、車の所有も出来るわけです。

頭金や親の援助も可能であれば、上記の基準と組み合わせれば、そのまま購入予算が立ちますね!

自分で基準を持っているのって何事でも大切なんです。

まとめ

金利や諸経費によって変わってきますが、こうした判断基準やビジョンを持つことで、不動産屋さんに明確な条件を提示することができます。

この情報を元に物件を探して、我が家の住宅ローンは、利子込みで結局4万2千円となり、条件をほぼ満たした形でローンを組むことができました。

どうしても妥協しかちなのが予算オーバーですが、こうして明確なビジョンを描いておくことで、大きな買い物での後悔を減らし楽しいマイホーム生活を送れると思います。

この情報が参考になれば幸いです。それでわ~

 - 我が家は中古住宅 , ,