むとカジ

「むりなく とことん カジュアルに」我が家の人生つづります

車を手放す生活を送る決断をした理由とは!?「今本当に必要なものを見直す」ということ

      2016/06/06

以前、車にかかる生涯維持費についてレポートしました。現在、思い切って車を手放した生活をしています。手放す前は車無しで生活できるんだろうか、不便に感じて結局また買いに走るんじゃないかと不安はありました。

東京や大阪都心のように公共交通機関が発達していて車がなくても不便なく生活できる地域に住んでいる方はいいですが、自分が住んでいるのは奈良県!車を持っていて当たり前という考えが自然とありました。私が車を手放す決意をした事を話すと周囲の人は口を揃えて「えっ!?生活できるの?すぐ欲しくなるよ・・・」と言われましたね。

でもふと思い立って手放したわけではなく、自分の生活を色々見直し、整理した結果いけるなと判断したわけです。それも踏まえてレポートしていきます!

自分の車生活を見なおすきっかけ

それは現在の嫁さんの一言「この車たくさん空気運んでるね」でした。当時を振り返ってみますと

好きな車に乗っていることがステータス

私はゴツゴツした車が好きでSUV車に乗っていました。SUVとなると排気量も大きくなり燃費も悪いです。保険料や税金も比例して高くなります。

しかし、当時は自分の好きな車に乗っていることがステータスで、その車に乗り色々な場所に行き色んな思い出ができました。私は運転することが好きだったので高いお金を出してSUV車に乗っていたことに関しては何の悔いもありません。

この車たくさん空気運んでるね

そんな自分が「この車が本当に必要なのか」を考える言葉でした。その時は特に何も感じませんでしたが、結婚や同棲について話が出てくるうちに今後色々な資金を貯めていく上で嫁さんの一言が脳裏に何度も蘇ってきました。確かに趣味の自転車を載せて遠出したり、旅行してはいるが、普段は通勤と買い出しにしか使っていないし、維持費も馬鹿にならない。今は寮に住んでいるが同棲をはじめたら賃貸料があがるし、生活費が圧迫されても本当に必要な物なのかと頭をぐるぐると思考が飛び交っていました。

そして本格的に見直していくのですがその際に検討した見直しポイントについて1つずつ解説していきます。

定期的な固定費支出の把握

まず取り組んだのは現在の固定費支出についての情報整理です。毎月の固定費ってどれくらい払っているか把握できていますか?食費や光熱費等の変動費に関しては正直そう簡単に削れるとは思っていないのでここでは排除します。
これからの情報は嫁さんが専業主婦になり旦那一人で支えていくことを想定した支出です。

毎月の支出はどのくらい?

➀車にかかる維持費(車両費、保険代、メンテナンス、ガソリン代等々)・・・月4万
➁賃貸料(貸家、駐車場)・・・月6万、駐車場1万(同棲先)
➂奨学金返済・・・月1万6千
➃通信費(携帯、インターネット)・・・月1万7千
合計14万3千円(固定費支出のみ!!)
こうやって羅列した時、車の固定費が占める割合が大きいことは一目瞭然ですし、駐車場のことを考えると月5万かかります。結構かかりますね。
それでは車にかかる維持費について検討していきましょう!

車にかかる維持費について検討

検討ポイント【今自分に必要な車性能】【通勤は本当に車が必要か】です。私の場合は通勤がメインでしたので通勤に使っていることも含めて進めていきます。

【今自分に必要な車性能】について

まず、私の日々の生活を振り返ってみると、
平日・・・朝夕の15分の通勤時のみ、たまに買い出し、外食時に使用
休日・・・カフェ巡り、神社巡り、自転車を載せてサイクリング旅行(月2ぐらい)

平日に関して言えば、買い出しや外食も会社帰りなので通勤にのみ使っているといっても遜色ありません。ですので通勤に使っているといっても1日30分以外は会社の駐車場か家の駐車場で待機しています!
休日で言えば趣味のカフェ、神社巡りですがこちらに関しては特に積載量は必要ありません。自転車の積載するにしてもタイヤを外せば特に問題ありません。

ということで性能だけで言えば軽自動車でも充分なんです!家族が増えればまた話は変わってきますが最近の軽は想像以上に室内空間が広く楽々荷物が入ってしまいますので増えたとしても充分かもしれません!

【通勤は本当に車が必要か】について

これに関しては確かに車があれば便利なことは言うまでもありません。電車の時刻を気にすることなく好きな時間に出退社が可能です。

しかし、電車について調べると、現在の職場は最寄りの駅から大体自転車で5分程度、一時間に4本程度と特段不便を感じるようなものではないことが分かりました。車通勤が当たり前だったこともあり調べるまで最寄り駅の情報すら知りませんでした。これを見る限り車に比べて利便性は失われるものの、その不便さとしては知れているなと判断しました。

これらを含めて同棲先を「駅近」で生活に必要なスーパーや薬局、病院等が充実しているところに住めば車は無しでも行けそうですね!趣味に関しても毎月の車の維持費を考えればレンタカーで一週間は借りれてしまいます(1日7000円計算)。大体月2回程度なので充分ですね。

手放すまでレンタカーやタクシーという選択肢はほとんど皆無に等しかったのですが、維持費について考えてみると頻度によってはレンタカーやタクシーのほうが安上がりになります!

【旅行は片道何時間までなら自家用車で行くか】

私はせいぜい3時間が限界かと思います。いくら運転が好きとはいえど遊びまくったあとでの3時間は辛いですよね。そう考えると結局電車や飛行機を使って旅行はします。ということはホントに車って思っているより稼働している時間って少ないんです。今の自分から言うと無駄が多いんです。

まとめ

これら踏まえ車の維持費についての結論として「車が本当に必要と思うまでは車は持たない」です。持たないことで既に私の場合で月5万円削減することができました!若いうちにこういったことを考えることができて本当に良かったなと思います。私的に車が必要になってくると思うのは嫁さんも働き出して、子供が大きくなって部活や塾など送り迎えが必要になってくるタイミングだと思っています。もしくはマイホームを買うタイミングでしょうかね。また、その時は改めて考えますが本当に必要だと感じれば迷うことなく買いますね!

ということで今回はここまで、あなたの暮らしに少しでもプラスになれば幸いです!それでわ〜

 - 我が家の節約 ,